水質汚染の問題

湯呑を持つシニア夫婦

水質の違いや、サーバーのレンタル料金は、ウォーターサーバーのコストに大きく影響を与えています。水質ならば硬水や軟水、さらにピュアウォーターなどに分類されるミネラル分の含有量が価格に影響をします。 またサーバーレンタル料金は、そのウォーターサーバーを設置するときに必要となるコストにあたり、無条件で月額無料のところもあれば、水を一定数以上毎月注文で無料となる所、さらに有料のサーバーまで業者毎に対応はバラつきがあります。 さらに業者ごとに宅配水の値段が違ってくる面があります。全国でも名の知れた採水地の水はやや高めの傾向があります。ただしどの水も安全性という面では共通して高い基準をクリアしており、放射能の含有検査ももちろんパスをしています。このため今現在出回っている宅配水は水質や放射能の面でも問題はありません。

元々ウォーターサーバーはその原初が、乾燥地帯に住んでいる人たちが水不足に備えて、いつでも便利に水を使用できるように、ガラスサイフォンを改造して、ハンドルを捻るだけで水が利用できるようにしたものです。 最初の頃は川の水を簡易的に濾過したものを用いていましたが、後に都市部にもウォーターサーバーが広まり、水道水を用いたサーバーが増えていきます。その後、ナチュラルミネラルウォーターのブームが起こると、今度はレンタル式のウォーターサーバーを用いた天然水やミネラルウォーター、RO水などをサーバーのい水に用いることが流行して今に至っています。 また用いる水も安全性の確保のため、各種水質の検査や放射能の残留検査などが行われています。このため水質や放射能に対して特に気にしている人も、ウォーターサーバーの水を利用しています。